revolution カジノ おすすめ

オンラインカジノの歴史

オンラインカジノは、陸上の伝統的なカジノから派生したもので、バーチャルカジノやギャンブルサイトとも呼ばれ、ウェブサイトの運営やフランチャイズなどにより、多様なゲームや単一のゲームを提供しています。オンラインカジノでは、スロットマシンのようにハウスによって勝率が規制されているゲーム、いわゆるハウスアドバンテージのようなゲームでは、一般的に陸上型のカジノよりも有利なオッズを提供しています。

1995年8月18日、世界初のオンラインカジノがデビューしました。(ICI)は18種類のカジノゲームを提供し、初めてNational Indian Lotteryへのオンラインアクセスも提供しました。しかし、ICIは初期の頃から、政府からの訴追を避けるために、米国外のタークス・カイコス諸島で運営していました。

また、90年代半ばには、他の2つのオンラインカジノが最初のものであると主張してデビューしました。信頼性の高いペイアウト、高いセキュリティ、効率的なカスタマーサポート、そしてこの新しいギャンブルの手法に興奮した多くの顧客にサービスを提供することで、オンラインカジノは成功を収めました。

1996年の春には、彼らがしたようにオンラインカジノを立ち上げようと計画している第二のスポーツブックがギャンブルシーンに持ち込まれました。Interactive Gaming & Communications Corp. (SBET)は、すぐにナスダックに上場している上場企業になりました。このオンラインカジノの財政的な成功は、インターネットだけでなく、衛星を介してアンティグアへの電話による無料通話回線でのベットターのスポーツ賭博の受け入れである。

アメリカのギャンブル規制法により、オンラインカジノ業界は主にカリブ海の国々から発展してきましたが、リヒテンシュタインの政府がドイツ語だけでなく、6つの異なる言語でオンライン国際宝くじを運営しているように、政府も独自のギャンブルサイトを持つビジネスに参入しています。

アトランティスは、イギリスを拠点とした最初のオンラインカジノであり、マン島のライセンスを取得しています。

今日では、このオンラインカジノは、5桁のスロットのペイアウトとプログレッシブから、アトランティス、バハマのパラダイス島への無料旅行を提供し、Kerzner氏の財産の一つとなっています。また、アトランティスは、ロンドンクラブの会員専用のVIPプログラムを導入した最初のカジノであり、プレイヤーの重要性を認識していた。

人気ギャンブル雑誌「ローリング・グッド・タイムズ・オンライン」によると、現在インターネット上には452のギャンブル関連サイトがあり、数千の子会社、関連会社、フランチャイズ、共同ブランドサイトがあり、オンラインギャンブル全体の市場規模は世界平均で約490億ドルと推定されている。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *