av 見 て て カジノ の サイト へ

イタリアのカジノ

av 見 て て カジノ の サイト へ
av 見 て て カジノ の サイト へ

多くの人がイタリアといえば、食べ物、美術館、古代ローマ文化を思い浮かべます。ほとんどの人がイタリアについて知らないことは、休暇にギャンブルを楽しみたい人には最適な旅行先になるということです。イタリアには多くのカジノがありませんが、彼らが持っている場所は、彼らがイタリアへの旅行で期待したものよりも少し異なる何かを体験したい観光客のための訪問の価値があります。

イタリアにはほんの一握りのカジノしかありませんが、そのうちの一つを訪れる価値は十分にあります。イタリアのギャンブルには2つの特徴的な側面があります。1つは、アメリカ版のようなカジュアルな服装とスロットマシンの多さです。一方、多くのイタリアのカジノには「フランスのゲーム」と呼ばれるセクションがあります。もっとカジュアルなイタリアのカジノ、カンピオーネ・ディ・イタリアにあるCasino Municipale di Campione d’ Italiaでも、カジノの一部には入場料(約12.50USドル)の他にドレスコードがあります。他のイタリアのカジノは、サン・ヴィンセント(トリノ近郊)のCasino De La Vallee、サンレモ(フランスのニース近郊)のCasino Municipale di Sanremo、ヴェネツィアのCasino Municipale di Veneziaなどがあり、ストリートやカジュアルな服装での入場は禁止されており、すべて何らかの入場料を徴収している。イタリアのカジノは、ジェームズ・ボンドの映画で有名になったヨーロッパのギャンブルの華やかなイメージを体現している。

ここで紹介した都市には、ヴェネツィアを除いてカジノが1つしかありません。ヴェネツィアのカジノは、夏に営業しているカジノと冬に営業しているカジノに分かれているのが面白い。また、少し変わっているのは、カジノ・ムニチパーレ・ディ・ヴェネツィアでは、ギャンブルの他にジン・ラミー・トーナメントも開催していることです。

ドレスコードや入場料の他にも、イタリアのカジノへの旅行を計画する前に注意すべきことがあります。まず第一に、イタリアのカジノではすべての言語がイタリア語であるということです。カジノで過ごすことを計画しているのであれば、イタリア語のフレーズやその他のギャンブル用語を最低限覚えておくべきです。また、イタリアのギャンブルの年齢は18歳なので、学生や若い人はアメリカではギャンブルをすることができませんが、イタリアでは合法年齢が21歳なので、ギャンブルをすることができます。ギャンブルに加えて、イタリアのカジノでは、レストランやナイトクラブだけでなく、ライブ音楽やエンターテイメントも楽しめます。ただし、イタリアのカジノにはないものとして、ホテルの部屋があるので、宿泊の手配は別途必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *