1000 円 以下 入金 カジノ

ジンバブエ カジノ

ジンバブエでの生活はすべてギャンブルのようなものなので、ジンバブエのカジノにはあまり興味がないのではないかと思われるかもしれませんが、実際はその逆のようです。しかし実際は逆で、絶望的な経済状況の中でギャンブルをしたいという欲求が高まっているようで、問題を解決するための方法を模索しているようです。

貧乏な給料で生活している地元の人々にとって、ギャンブルには2つの人気のある形式があり、それは国の宝くじとジンベトです。世界のどこにでもあるように、当選確率が非常に低い国別宝くじがありますが、その一方で賞金も非常に高いものがあります。このテーマを研究している経済学者は、ほとんどの人が当選を合理的に期待してチケットを買うのではなく、確率を十分に理解しているからだと言っています。むしろ、幸運が当たるかもしれないチケットを手にすること自体が、もしそれが当たった場合に何ができるかを夢見て、それ自体が快楽として機能しているのです。ジンベエは、地元またはイギリスのサッカーリーグをベースにしており、将来の試合結果を予測します。

一方、ジンベエのカジノは、社会の超富裕層や観光客を対象としています。最近までは、サファリやビクトリアの滝への訪問を中心に、非常に大きな観光産業がありました。しかし、経済危機とそれに伴う暴力がこの産業に影響を与えています。

ジンバブエのカジノの中では、首都ハラレに2つのカジノがあり、5つのゲーミングテーブルとスロットを備えたカリベアベイリゾート&カジノと、スロットマシンだけのプラムツリーカジノがあります。カリバのZambesi Valley Hotel and Entertainment Centreにもスロットマシンがあります。ムターレにはMonclair Hotel and CasinoとLeopard Rock Hotel and Casinoがあり、どちらもゲーミングテーブルとスロットとビデオマシンを備えています。

ジンバブエにはカジノと前述の宝くじやジンベット(プールシステムに近い)の他に、国内にはブラワヨ(第二の都市)にあるマタベレランド・ターフクラブとハラレにあるBorrowdale Parkという2つの競馬場があり、これらの競馬場を利用することができます。

ここ数年で経済が40%以上縮小し、それに伴う貧困や暴力の影響もあって、ジンバブエのカジノを支える観光産業が近い将来どれだけうまくいくかはわかりません。物事が改善するまでそれらの何人が生き残るかは単に未知数である。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *