課金 なし の カジノ アプリ

シンガポールのカジノ

シンガポールは世界で最も成功している国の一つであり、最近までギャンブルに関する厳しい法律があり、小さな都市国家でのカジノの開発は制限されていました。しかし、最近の法改正により、シンガポールのカジノは間もなく世界で最も華やかなレジャー開発の一つになると考えられており、世界で最も高価なカジノとレジャーの複合施設を建設する計画が進行中です。これにより、東南アジアを訪れる観光客の目的地としてのシンガポールの魅力が増し、シンガポールの収入が増えることになります。

2004年後半までシンガポール政府はギャンブルに対する規制を厳しくしていたため、国内にカジノは存在していませんでした。しかし、カジノは観光客を歓迎し、地域経済の雇用を創出する貴重な観光地であるとの認識が広まり、規制が緩和され、シンガポール初のカジノ建設への道が開かれました。入札プロセスには世界各国の企業が参加し、この期間を経て、シンガポールで計画されている2つのスーパーカジノのうちの1つ目の建設・運営会社として、Las Vegas Sands Companyが選ばれました。

2つの巨大なシンガポールカジノのうちの1つ目のカジノは、単なるギャンブル場ではなく、ショッピングやレジャー施設、コンベンション施設、テーマパーク、劇場、美術館などからなるエンターテインメント地区全体を構想しており、30億ドル以上の費用をかけて、3万人以上の雇用を創出することが期待されています。この開発は、シンガポールのウォーターフロントにある50エーカー以上の埋立地に建設され、2009年までに完成する予定です。政府は、毎年多くの観光客が訪れるシンガポールにカジノを誘致したいと考えており、特に他のアジア諸国では、観光客や国民の需要に応えるためにカジノ部門を拡大している。中国人はギャンブル好きで知られており、シンガポールの人口の4分の3以上を占める中国系シンガポール人も同様である。

第二のシンガポールカジノは、シンガポール沖の観光島セントーサ島に計画されており、毎年約200万人の観光客が訪れ、ビーチやゴルフ場、レジャー施設などを楽しむことができるほか、第二次世界大戦中にイギリス軍が要塞として使用したシロソ砦などの史跡もある。セントーサ島のカジノは、第一号のシンガポールカジノと同様に、世界中からの観光客を誘致するために設計された大規模な統合型リゾートの中心を形成し、シンガポールのカジノをアジアの観光市場の最先端に位置させることになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *