此花 区 カジノ

カジノで生まれたわけではないが、できるだけ早くそこに着いた

プロのギャンブラーやギャンブル中毒者でなくても、カジノを楽しむことができます。どんなにカジュアルなギャンブラーでも、カジノでは楽しめることがたくさんあります。

おそらく、「I Wasn’t Born in in Japan」と書かれたバンパーステッカーを見たことがあるでしょう。”I Wasn’t Born in [name of state], But I Got here as Quick as I Could! 私はそこで生まれたわけではありませんが…まあ、お察しの通りです。ところで、私はウィンスターに既得権益を持っているわけではありません; 私は権益を持っています – しかし、それは既得権益ではありません!

カジノには何かがあります – ゲームに加えて – 人々が戻ってくるのを維持するために。カジノをエンターテイメントの一形態として考えてみてください。多くは現在、近接した宿泊施設とそれに沿って行くすべてのアメニティのために隣接するホテルと “リゾート “です。その規模に応じて、様々な種類のゲームに加えて、カジノは提供することができます。

– ビッグネームのエンターテイメント
– スポーツラウンジ(テレビでスポーツ観戦も可能
– 食べる場所がいっぱい(高級レストランからスナックまで
– プール
– 運動施設・スパ
– ゴルフ

ほとんどの州では、カジノはインディアンの保留地のプロパティ上にあるので、それは彼らが合法的である唯一の方法です。National Indian Gaming CommissionのGaming Tribe Reportによると、2011年7月の時点で、米国では460のインディアンゲーミング事業が行われています。36の州(今頃はもっと多いかもしれない)にインディアンカジノがあり、プエルトリコとバージン諸島は含まれていない。

インディアンカジノである可能性については、部族が200年以上にわたって奪われたものの一部を取り戻そうとしている可能性があるのは当然のことだ。彼の著書「Hitting the Jackpot」の中のブレット・D・フロムソによると、フォックスウッズカジノのペコ族は、一時期、”歴史上最も豊かなインディアン部族 “だったという。

正直なところ、コネチカット州マシャンタケットのフォックスウッズカジノからオレゴン州リンカーンシティのチヌークウインズカジノまで、嫌いなカジノには一度も会ったことがありません。そして、たくさんのカジノに出会ってきました。私たちはモーターホームで大陸48州中を旅してきましたが、カジノがある州はすべてカジノを訪れました。カジノは私たちに多くの喜びを与えてくれるエンターテイメントです。私たちはたまたま1つだけのカジノがある州に住んでいて、それは非常に便利ではないので、私たちは1つのカジノがある隣接した州に行く。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *