新しい ネット カジノ ボーナス

スロバキアのカジノ

スロバキアは、1993年にチェコスロバキアに分割されるまではチェコスロバキアを形成していたチェコ共和国のもう一方の国です。スロバキアは2004年から欧州連合に加盟しており、ウィーンとブダペストを結ぶ有名なドナウ川の空路、陸路、クルーズで世界中から多くの観光客を歓迎しています。

スロバキアのカジノは、首都ブラチスラバにある2つのカジノ、Casino Café RedutaとRegency Casino、Admiral Club CasinoのKezmarok、Casino KosiceとCasino Sportの2つのカジノ、Casino PiestanyのPiestany、Casino Admiral ZilinaのZilinaを含むすべての主要都市に設置されています。スロバキアでは18歳以上であればギャンブルは合法であり、アルコール飲料の摂取についても同様のルールが適用されます。

スロバキアのカジノには、ポーカー、ルーレット、ブラックジャックなどの国際的なゲームのほか、スロットやその他のビデオギャンブルマシンもあります。ブラチスラバのカジノ・カフェ・レドゥータには12のテーブルゲームがあり、そのうちアメリカンルーレットが6つ、ブラックジャックが4つ、ミニバカラが2つ、ドローポーカーが1つあります。ブラチスラバにある唯一の他のカジノはホテルのリージェンシーカジノで、アメリカンルーレット、ブラックジャック、カリビアンスタッドポーカー、ミニプントバンコ、ポーカー、スタンダードプントバンコを含む17のテーブルゲームでお客様を楽しませています。

リージェンシーのカジノの他にも、国内外の料理を提供するレストラン、コーヒーショップ、地元のお土産が揃うショッピングアーケードなどがあります。ほとんどのスロバキアのカジノは、毎日午後1時から午前4時まで営業しています。ただし、一部例外がある場合もあるので、事前に開店スケジュールを確認しておくことをおすすめします。

スロバキアの公用語はスロバキア語ですが、特にホテルやカジノ、レストラン、ショッピングなど観光客が訪れるであろう場所では英語が広く使われています。スロバキアに旅行してカジノや文化の魅力を満喫するには、空路や陸路で行くこともできますし、美しいドナウ川のクルーズに乗って途中の景色などを体験することもできます。スロバキアには、合法で地元の人や観光客に広く親しまれているギャンブルがもう一つあります。スロバキアにいる間は、どちらが勝つか分からないので、両方のギャンブルを試してみるのもいいかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *