ビデオ スロット ピンポン フューチャー

オンラインカジノの歴史

少し立ち止まって周りを見渡すと、いつも謙虚な気持ちになります。今日、私たちが当たり前と思っているものの半分は、ほんの数十年前には夢や野心の産物だったのです。例えば、オンラインカジノを例に挙げてみましょう。朝起きてパソコンを開き、オンラインカジノにログインして、一日中遊んでいる人はどれくらいいるでしょうか?

当時の人々は、カジノで遊ぶためにラスベガスに行かなければなりませんでした。ブラックジャックやバカラのゲーム一つをプレイするために、何マイルも何マイルも旅をしていたのです。あなたは、人々がどのようにしてこれを実現することに成功したのか、本当に感謝しなければなりません。

始まりは…

オンラインカジノは1990年代半ばに登場し始めましたが、誰が最初のカジノを開いたのかについては議論があります。多くの人は、1996年にオープンしたオンラインギャンブルサイト「InterCasino」ではないかと考えています。しかし、いくつかは、それが実際には ‘ゲーミングクラブ’は、1995年10月にオープンしたと信じている。

これは、どのようにMicrogaming、同サイトの所有者は、また、設立された最初のオンラインギャンブルソフトウェアプロバイダであることを考えると、これは真実である可能性は低いではありません。いずれにしても、これらの新しいオンラインカジノは、アンティグア・バーブーダ州が「自由貿易処理法」と呼ばれる法律を可決したときに、そのシグナルを受けただけである。これにより、アンティグア・バーブーダでは訴訟の恐れなくオンラインカジノをオープンすることができるようになったのです。

もちろん、オンラインカジノはカリブ海に拠点を置いていましたが、ユーザーの大部分は世界の他の場所に住んでいました。そして、インターネットの性質上、すべてのユーザーが搾取されやすい環境にありました。

これは、1996年に設立されたKahnawake賭博委員会を促した。彼らは、人々とカジノのオンラインゲーム活動を規制し、また、オンラインギャンブルサイトにゲーミングライセンスを発行します。彼らは、オンラインギャンブル業界の透明性と公正さを維持することを目指しています。Kahnawake賭博委員会は、カナダに拠点を置いており、最大でもカジノと同様にユーザーに優れたサービスを提供しています。

1990年代後半には、オンラインカジノはすでに非常に確立されていました。しかし、接続性の問題が横行していたし、一般的にアクションはむしろ帯域幅の不足のために遅かった。この問題が解決されたのは、新しい千年紀に入ってからでした。しかし、それまでにオンラインカジノは新たな問題を抱えていました。

UIGEA

2005年に起きた法的な大失態を語らずしてオンラインカジノの歴史を語ることはできない。アンティグアと米国は、国境を越えたオンラインギャンブルをめぐって論争になっていた。

世界貿易機関(WTO)はアンティグアに味方することを決定し、その結果、米国はUIGEAを可決した。これは、安全港法に土壇場で追加されたものでした。この法律により、オンラインギャンブルサイトが米国に向けてサービスを提供することが信じられないほど困難になったため、多くのギャンブルサイトが米国市民に向けての扉を完全に閉じることにしました。

この法律はオンラインカジノだけでなく、米国のプレイヤーにも打撃を与えたため、今でも議論が続いている。しかし、欧州連合がオンラインギャンブル産業をむしろ支持しているように見えるので、最近は法的環境に変化がある。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *