バカラ カジノ いくら あれ いい

バカラ カジノ いくら あれ いい
バカラ カジノ いくら あれ いい

モンテカルロのカジノの歴史

モンテカルロの住人の頭に真っ先に浮かぶのは、その向こうに位置するカジノの生活スタイルです。ギャンブラーはギャンブルが大好きで、それは本当にモンテカルロのトップカジノでしか味わえません。常連客は皆、そのカジノで行われているカジノゲームを知っていて、これらのカジノゲームは、初心者にとっても魅力の中心となっています。

ジェームズ・ボンドがバカラ台を解体する姿を思い浮かべることで呼び起こされる写真は、モンテカルロのプロモ用の画像となっている。モナコのシャルル3世王子は、国の金融システムのグレードアップを図るために、カジノを含むモンテカルロ区間の設計を事前に計画していた。

パリ・オペラの建築家であり設計者でもあったシャルル・ガルニエという人物が、バロック様式の装飾的なカジノを建設しました。フランソワ・ブランは、約50年の間、カジノのギャンブルを運営するために特別な対価を買い取った。1898年には、その特別な対価は、経営権を持つ私営の「ソシエテ・デ・ベイン・ド・メール」へと移行しました。1863年に開始されたことから、世界中のハイローラーがモンテカルロカジノに集まってきました。

モンテカルロの歴史における著名な出来事
1873年、イギリスから来たジョセフ・ジャガーは、モンテカルロの6つのルーレットの結果を記録しました。彼は最終的に、ホイールの1つに厳粛なバイアスがかかっていることを発見し、それによって確定数字が何度も出てくるようになりました。ジャガーはその知識を生かして、数百万フランの賞金を手にしました。ジャガーは、カジノが予定を変更した際にお金の一部を紛失してしまいましたが、とにかくジャガーは自分のホイールを発見しました。最終的に、カジノはジャガーを妨害することができましたが、それまでは「モンテカルロで銀行の記録を破る紳士」という称号を得ていました。

1891年、チャールズ・ウェルズという詐欺師が、最近投資家からだまし取ったお金を持ってモンテカルロに到着し、ルーレットの車輪を叩きます。

損失をなくすために負けている間に毎回賭け金を2倍にしてもいいという危険なマルティンゲールシステムを採用し、幸運なバンドを組んで100万フランを獲得したウェルズは、モンテカルロで銀行の記録を破る紳士の称号を得るために彼に続くものとなりました。

2004年には、ワールドシリーズオブポーカーとテレビ放映されたポーカートーナメントのステータスのバングに応答して、モンテカルロカジノは、モンテカルロミリオンズという名前の最初の独自のポーカーイベントを主催しました。有名なポーカーのプロであるフィル・アイビーは、約80人の参加者のほとんどをかき分けて14,000ドルを出して苦戦することができましたが、3位にはジャニ・ソイントゥラがピークの賞金を獲得して混雑していました。

2005年には、Iveyは、最初の場所のフィニッシュのための後続のモンテカルロミリオンズで百万ドルをキャプチャすることによって自分自身を償還した。彼はFullTilt Pokerが主催するMonte Carlo’s Millions Invitationalのハプニングに勝つために、その後の昼間の時間に行きました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *