ネット の カジノ 本物

サウスダコタ州のカジノ

人口約75万人のまばらな州であるサウスダコタは、自然の美しさ、歴史的な観光地、そして毎年スタージスで開催される大規模なオートバイラリーで知られています。しかし、サウスダコタ州のカジノは、毎年多くの観光客の注目を集めている場所としても知られています。さらに、サウスダコタ州には、マウント・ラッシュモア国立記念館、ブラックヒルズ国有林、クレイジーホース記念館があります。

サウスダコタ州には、パインリッジ・インディアン居留地、シャイアン・リバー・インディアン居留地、クロウ・クリーク・インディアン居留地を含む6つのインディアン居留地があり、ネイティブアメリカンの人口は全米で3番目に多く、ネイティブアメリカンの文化をもっと知りたい人にとって理想的な目的地となっています。首都ピエールは1817年に毛皮貿易の拠点として設立されました。歴史的なルイス・アンド・クラーク・トレイル(Lewis and Clark Trail)も州内を通っています。しかし、この州が提供する観光地は、これらだけではありません。サウスダコタ州には、インディアンの居留地と郊外の両方に、大小さまざまな規模のカジノが州内に点在しています。

サウスダコタ州のいくつかの都市では、住民と観光客の両方にゲームを提供しています。サウスダコタのカジノとギャンブルは、アバディーン、デッドウッド、イーグルビュート、フランドロー、フォートトンプソン、ヒューロン、ローワーブルル、マクラフリン、モブリッジ、ピックタウン、パインリッジ、ラピッドシティ、スーフォールズ、シストン、スピアフィッシュ、バレンタイン、およびウォータータウンで提供されています。これらの町のほとんどには、サウスダコタ州の小さなカジノが1つか2つあるだけです。例えば、スーフォールズには2つのサウスダコタ州のカジノがあります。Gregg’s Substation and CasinoとBorrowed Buck’s Roadhouseです。この2つの間には、20台のスロットマシンと4台のテーブルゲームしかありません。

最も多くのカジノがあるサウスダコタ州の町はデッドウッドで、シルヴァードとティン・リジーを含む20のサウスダコタ州のカジノがある。デッドウッドのカジノの規模は、スロットマシンが数台あるワンルームのカジノから、ライブミュージック、レストラン、ホテルの部屋を備えた30,000平方フィートのギャンブル施設まで、様々なギャンブル活動が行われています。多くのカジノがあり、国立公園、マウント・ラッシュモア、スタージスに近いことから、デッドウッドはサウスダコタのカジノでギャンブルを楽しみたい人にとって主要な目的地であると考えられています。

インディアン居留地もまた、サウスダコタでカジノを探している人にとっての主要な目的地です。サウスダコタ州の小さなギャンブルタウンの多くのように、インディアンの居留地は一般的に与えられた町に1つまたは2つのカジノがあるだけです。しかし、それらのカジノは通常、スロットマシンやテーブルゲーム、レストランやホテルの部屋がたくさんある大規模なものです。デッドウッドのサウスダコタのカジノとは異なり、多くのインディアン居留地のカジノは24時間営業で、パインリッジ・インディアン居留地のパインリッジにあるプレーリーウィンドカジノとシャイアンリバー・インディアン居留地のモブリッジにあるグランドリバーカジノとリゾートを含む。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *