チップ スター カジノ

パラグアイのカジノ

パラグアイは、文化と歴史が豊かな南米の国であり、南米自体も含めて世界中から観光客が訪れる人気の旅行先でもあります。パラグアイのギャンブルはカジノのみが合法で、観光地として注目されている主要都市にはいくつかの自慢のカジノがあります。

パラグアイ人はギャンブルのスリルを味わうことに情熱を燃やしているため、観光客も地元の人もパラグアイのカジノに集まってきます。パラグアイのカジノのうち3つは首都でもあるアスンシオンにあり、他にもシウダード・デル・エステやサンベルナルディーノにもあります。その中でも特に有名なのが、アスンシオンにある「ホテル・リゾート・カジノ・ヨット&ゴルフクラブ・パラグアイ」です。その名の通りホテルで、125室の客室とスイートルーム、18ホールのゴルフコース、テニスコート、スパとフィットネスセンター、プール、ディスコ、多国籍料理と郷土料理のレストラン5軒、バー2軒を備えています。

ザ ホテル リゾート カジノ ヨット アンド ゴルフ クラブ パラグアイのカジノでは、アメリカンルーレット、バカラ、ブラックジャック、カリビアンスタッドポーカー、フレンチルーレット、ポーカー、プントバンコなど18種類のテーブルゲームが楽しめます。テーブルゲームの他にも、カジノには80台のスロットマシンがあり、お客様に楽しんでいただけるようになっています。

ほとんどのカジノはホテルの敷地内にあるため、ハウスルールが異なる場合があり、それに伴って開店時間や閉店時間も異なります。パラグアイのカジノでは、18歳以上の方のみがギャンブルを楽しむことができ、アルコール飲料を飲む場合も同様です。パラグアイのカジノに入るためには、有効な身分証明書が必要となり、身分証明書がないと入場を拒否されることもあります。

ギャンブル初心者の方には、パラグアイのカジノのフレンドリーなスタッフが定期的に無料でギャンブルのレッスンを行っており、ゲームのスリルを味わえるようになっています。パラグアイの公用語はスペイン語ですが、国中やカジノなどの観光地では英語が広く使われています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *