カジノ ゴッズ ボーナス コード

モロッコのカジノ

モロッコは、北アフリカの大部分がアラブ系(一部ベルベル人を含む)の国です。モロッコで合法化されているギャンブルは1つだけである。カジノ以外のギャンブルはすべて違法であるため、他に選択肢はない。

モロッコの5つのカジノは3つの主要都市にあります。アガディール、マラケシュ、タンジールです。

モロッコのカジノのリストには以下のようなものがあります。

アガディール

カジノ・ル・ミラージュ

セムズ カジノ ダガディール

マラケシュ

カジノ・デ・マラケシュ&ホテル・エス・サーディ

ル・グラン・カジノ・デ・マムーニア

タンジェ

モーベンピック ホテル&カジノ マラバタ

モロッコ最大のカジノはマラケシュにある「ラ・マムニア」で、37台のテーブルゲームと640台のスロットやビデオポーカー、ゲーム機があります。

モロッコという国は、驚くほど多様な場所です。南部のサハラ砂漠にはトゥアレグ族がいて、アトラス山脈の向こうには肌の色がきれいなベルベル人の家があります。アラブ人は大西洋と地中海沿岸に位置しています。モロッコは、カリフやスルタン、ポルトガル人、スペイン人、フランス人など、長年にわたって様々な主張や支配を受けてきました。今日では、アラブの国の一般的な概念とは異なり、独立した君主制国家となっています。

例えば、アルコールは広く入手可能で、女性はベールを被っている人はほとんどいません。何百年もの間、中東よりもイベリア(現在のスペイン)のイスラム王国と密接な関係があり、アンダルシアのクラシック音楽は実はモロッコ起源のものだと一般的に受け入れられています。

料理もまた、このように歴史的な影響を幅広く受けています。北アフリカの多くの地域では、スパイスを使った料理が好まれていますが(つまり、かなり濃い味付けです)、好まれる肉は鶏肉と牛肉で、海岸沿いでは魚も多く食べられます。これは、アラブ世界ではラムやヤギが好まれるのとは対照的です。公用語はアラブ語とベルベル語ですが、年配の住民にはスペイン語かフランス語、若い人には英語を使うことで、理解を深めることができます。

モロッコでは比較的自由なイスラム教が実践されているため、前述のアルコールと一緒にモロッコのカジノが繁栄しています。また、モロッコは世界有数の大麻栽培地であり、ハシッシュの生産地でもある(北部の一部の地域では耕地面積の25%を占めている)が、観光客は大麻に手を出さないことが強く推奨されている。地元の人にとっての罰則は些細なものですが、外国人にとっては人生を変えるようなものです。

モロッコのカジノからの間奏曲としての歴史に興味のある方のために、国はまた、カルタゴとその帝国のサイトでした。街自体はローマ人によって破壊されましたが(人口は束縛に売られ、畑は塩で耕された、というフレーズがあるように)、国の他の部分の古代建築の多くは今でも見ることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *