イン カジノ 登録 ボーナス

オレゴン州のカジノ

有名なルイス・アンド・クラーク展に倣って、オレゴン州の広大な土地を旅するオレゴン・トレイルを制覇したワゴン列車。アメリカの初期の歴史の中で、開拓者たちは西部に定住し続け、インディアンの人口をオレゴン州の地域に押し込んでいきました。最初のインディアン和平条約が締結されたとき、手に入らない土地のほとんどは太平洋岸北西部にあった。そのため、膨大な財産がオレゴン州のインディアン部族国家に譲渡された。

新しい千年紀になっても、インディアン居留地はオレゴン州の大部分を消費している。現在の規制は、主権者であるインディアン部族が通常のギャンブル法から除外されることを許可しています。そのため、オレゴン州のカジノ市場は爆発的に拡大し、合法化されたギャンブルシステムに大勢の人が集まりました。

絵のように美しい常緑樹のオレゴン州には、今もなお開拓者の精神が息づいています。オレゴン州の面積は9番目に大きく、人口は28番目に多いため、農地と森林がオレゴン州を圧倒しています。これらの田園地帯の中には、管理の行き届いた大規模なカジノが隠れています。オレゴン州のカジノでは、単にギャンブルを楽しむだけでなく、様々なエンターテイメントを楽しむことができます。

9つのネイティブアメリカンのオレゴンカジノは、州のいたるところにあります。全てのカジノはブラックジャック、ビデオスロット、ビデオポーカーを提供していますが、ルーレット、ポーカー、ビンゴなどを含む全てのギャンブルを提供しているカジノもあります。以下のオレゴン州のカジノのリストでは、それぞれの場所のオプションの簡単な概要を紹介しています。

チヌークウィンズカジノ – オレゴンコーストのリンカーンシティ。

– コンベンション センター

– 託児あり

– アーケード

インディアンヘッドカジノ – オレゴン州の高砂漠にあるウォームスプリングス居留地。

– ギャンブル場

– レストラン

クラモ屋カジノ – オレゴン州南部のクラマス郡。

– レストラン

ミルカジノ – オレゴン州の中央海岸にあるクースベイ。

– ホテルの宿泊施設

– レストラン

オールドキャンプカジノ – オレゴン州オールドキャンプの田園地帯。

– レストラン

– RVパーク

セブン フェザー カジノ – キャニオンビル、オレゴン州南西部。

– プール付きのホテル宿泊施設

– コンベンションセンター

スピリットマウンテンカジノ – オレゴンのワインカントリーにあるグランドロンド。

– オレゴン州のカジノの中で最も規模が大きい

– 複数のレストラン

– ライブエンターテイメントとコンサート

ワイルドホースカジノリゾート – ペンドルトン、オレゴン州のロデオカントリー。

– ゴルフコース

– 宿泊施設

– RVパーク

オレゴンの部族のカジノは、場所と提供するサービスが異なります。すべてのカジノは、オレゴン州の変化に富んだ地形を理解しながら、観光客に素晴らしいエンターテイメントの機会を提供しています。本質的には、オレゴンのカジノのそれぞれは、彼らがゲストに提供するエンターテイメントは言うまでもなく、それがネイティブアメリカンの文化に地域経済と経済的利益を提供するサポートのために評価されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *