みんなの カジノ 大丈夫

カジノの統計。ギャンブラーが滅多に勝てない理由

みんなの カジノ 大丈夫
みんなの カジノ 大丈夫

経済が低迷しているときには、余分なお金を稼ぐための代替手段を考えるのが普通ですが、ギャンブルを良い代替手段の一つとして考えたくなる場合は、先を読む必要があります。一度カジノに足を踏み入れてチップと交換してしまうと、そもそもカジノに近づかないことが唯一の利点であることを売りにしてしまったことになります。カジノは素晴らしいショーや食事、エンターテイメントを提供することができますが、統計的にはそれ以上のものは得られません。

大企業と大儲け
カジノゲームは儲かるビジネスであると言っても過言ではないでしょう。昨年、商業カジノでは約310億ユーロの総収入が発生し、インドのカジノでは約260億ユーロの現金化が行われました。昨年はプライベートカジノの収入が減少したとはいえ、銀幕の旗艦の年となった2009年のハリウッドのチケット売上高106億ユーロの3倍にはなっています。これらの利益がどこから来るのかは当然のことですが、昨年だけで3600万人以上の訪問者がラスベガスに来るのを止めることはできませんでしたが、中には彼らが持ってきたよりも多くのお金を獲得することを望んでいた人もいました。

チャンスのないゲーム
数学は普遍的な言語であり、それが嘘であることはほとんどありません。カジノでプレイするゲームには必ず統計的な確率であなたに勝つ確率があります。いつものことだ このハウスエッジはゲームごとに異なり、時間が経ってもカジノがプレイヤーに負けないようにするのに役立ちます。ブラックジャックが得意な人にとっては、カジノのハウスエッジは0.5%と低いかもしれませんが、ある種のスロットマシンはプレイヤーに対して35%のアドバンテージがあり、他のゲームはその中間に位置しています。スロットの当選確率は最悪の部類に入り、最大コインゲームが使用されている場合、5000分の1の確率から3400万分の1の確率で大賞を獲得することができます。

もちろん、ハウスエッジは勝てないという意味ではありません。なぜなら、人は勝つことがあり、時にはかなりの金額を勝ち取ることもあるからです。

人は誰でも勝ち組
先ほどご紹介した全ての賞金は、カジノ来場者が毎年発生している損失の全てだと考えてください。もちろん、カジノの中には他の場所からもお金が入ってくることもありますが、この業界の稼ぎ頭はゲームです。運が味方してくれているのだから、そのオッズ(または賞金)に勝てると思ってカジノに行くことを想像してみてください。これはありそうもない。勝ち負けに賭けることすらできません。何度か悪い手を出したことがあるなら、それが連勝に変わる確率は単純に存在しない、トランプにも計算にもない。

ベッティングストリーム
カジノでの娯楽はさておき、ゲームの娯楽価値を遥かに超える中毒性に巻き込まれてしまう人もいます。ギャンブラーのごく一部、約5%がこのポイントに到達しますが、残念ながら彼らの損失はカジノの勝利の4分の1を占めると推定されています。これは、ハウスアドバンテージを理解するもう一つの理由であり、かなりの金額を失い、それを取り戻すためにカジノで多くの時間を費やしているプレイヤーに対して、ハウスアドバンテージがどのように機能するかを理解するためのものです。プレイヤーが苦労すればするほど、追加の損失に引き込まれていく。

あなたが続ける間に終了します。
ほぼ毎回、カジノに行って賭けをしないことがあなたの最善の経済的利益になります – 数学はあなたの友人ではありません。それでも運試しがしたいなら、今のうちに辞めておいた方がいいよ、今の運勢は間違いなく頭の中だけのものだから。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *